So-net無料ブログ作成
検索選択

ポリ袋から別人の毛髪…大阪・高槻の死体遺棄(読売新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面の草むらで4月29日、同府豊能町の職業不詳・宇野津由子さん(36)の遺体がポリ袋に入れられて見つかった死体遺棄事件で、ポリ袋から宇野さんのものとは、長さや色合いが違う毛髪が採取されたことがわかった。

 府警は、遺棄する際に混入したとみており、犯人特定の重要な手がかりとみて調べている。

 また、宇野さんは遺体で発見される数か月前に生命保険に加入していたことも判明。複数の保険で死亡時には数千万円の保険金が支払われる契約だったという。ただ、捜査幹部は「保険金目的の事件では、事故死や病死を偽装することが多いが、この事件ではそうした工作が行われた形跡がない。多額の保険金がどういう意味を持つのか、現時点ではわからない」としており、家族への事情聴取を続けるとともに、事件との関連を調べている。

 宇野さんが「インターネットで知り合った」という人と養子縁組をするなど不可解な点も浮上。養親家族の周辺では、一昨年10月、親族の女性(52)が階段から転落して死亡していたこともわかった。

 府警は当時、事件と事故の両面で調べたが、事件性ははっきりしなかったという。

たばこの似合う舘さん、禁煙指導=神奈川県(時事通信)
滑走路にこすり傷=米デルタ機が接触か−成田空港(時事通信)
JAC機、前脚出ず引き返し=手動操作し緊急着陸−鹿児島(時事通信)
口蹄疫猛威4.5万頭を殺処分 「なぜ宮崎が」と悲鳴(J-CASTニュース)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。